無料ブログはココログ

2018/06/05

平成の大修理その10 エンジン始動

仕事が忙しく、なかなかエンジンをかけられませんでしたが、ようやく始動できました。以前は始動直後からパチパチと結構大きな音がしていたのですが、すっかり消えています(^^)。


翌日しっかりと増締めしておきました。

2018/05/06

平成の大修理その9 完成!

あと残るは補機類の取り付けです。キャブ、マフラー、コイル類を取り付けます。

Dscn4287
だんだん形になってきました。なんとか連休中にひとまず完成したいので、他にやりたいことは封印してとりあえず走れる状態を目指します。

Dscn4290
というわけでなんとか連休中に完成しました。すぐエンジンをかけたいところですが、連休最終日の日曜日ということもあり、遠慮しておきました。平日にでも仕事の合間にやって見ることにします。

記事の中で省略したデーターを上げておきます。マニュアルを持っていない人は参考にしてください。

サービスリミット
ロッカーアームのサイドプレイ:0.1016~0.635mm
バルブの突き出し量:40.6~41.8mm(80年以降)

締め付けトルク
シリンダーベースナット:43~54Nm
シリンダーヘッドボルト:75~102Nm

2018/05/05

平成の大修理その8 ヘッド取り付け

ロッカーナットとフレームのスキマがクリヤできたので、いよいよヘッドを載せます。

Dscn4276
ヘッドガスケットはテフロンタイプというヤツです。メタルの表面にコーティングがしてあります。ヘッドはインテークマニホールドと合わせるために、少し回したりして調整しますので、液体パッキンは塗らずにそのままです。

Dscn4278
ヘッドボルトはきれいに掃除してスレッドコンパウンドを塗っておきます。40年前に社員割引で買ったトヨタのディスクブレーキグリスです(^^;。カッパー系で高耐熱です。このバイクはヘリテージだったので、ヘッドボルトもクロームメッキしてあるのですが、なぜか2本だけユニクロメッキの物が付いてました。36年前の作業で混同したのかもしれません。

Dscn4282
インテークマニホールドと角度を合わせながら少しずつヘッドボルトを締めていきます。シリンダーベースの1.5倍以上のトルクで締め付けますので、工具にパイプをかませて最後は力一杯締め付けます。

Dscn4283
今回はこんな物を作ってみました。水道のいわゆる持ち出しソケットを削って作りました。デザインはノーマルな感じそのままです。

Dscn4286
インテークマニホールドを取り付け、オイルラインとプッシュロッドを取り付けました。プッシュロッドカバーがちょっとおしゃれに(^^)。ちなみにこのオイルラインはマ○バモータース製で、あんまり格好よくはないのですが、オイルの流れ的にはよさげなのでそのまま使っています。

2018/05/04

平成の大修理その7 ロッカーアーム組み込み

ロッカーアームをロッカーボックスに組み込みます。ロッカーアームはブッシュ交換とバルブを押す面の研磨をして貰いました。

Dscn4270
ロッカーアームのサイドプレイは、0.1mm~0.6mmくらいと結構幅が広いです。フロントのエキゾースト側が0.3mmありましたが、他は0.2mmくらいでした。

Dscn4269
普通サイドプレイの調整はロッカーアームシャフトを削って調整しますが、失敗しても大丈夫なように、スペーサーのシャフトの当たる部分を削りました。ちなみにロッカーアームは前後とも排気側はバルブ側に押しつけられ、吸気側はプッシュロッド側に押しつけられて作動しています。

0.3mmはサービスリミットの範囲内ですが、油圧の逃げなどを考えると全部0.15~0.2mmの範囲にそろえたいということで、フロントのエキゾースト側のみ0.1mm削りました。

Dscn4271
ロッカーアームが組み込まれました。ロッカーアームシャフトはシリンダーの垂線に対して、1度ほど傾いているそうで、まっすぐバルブを押せるように、バルブを押す面をそれに合わせて研磨して貰いました。

Dscn4272
ロッカーボックスのパッキンは、メタルにシリコンビードの入ったタイプでしたが、念のため耐熱液体ガスケットを吹き付けておきました。ロッカーアームが軽く動くことを確認しておきます。

Dscn4273
ロッカーアームが邪魔になるので、こんな風に逆さまにして組み付けます。

Dscn4274
ロッカーボックスのナットもおしゃれしてキャップナットにしてみました。ワッシャーはステンレス製を使用しています。

Dscn4281
ところが、これも背が高いので、一カ所フレームとギリギリのところがあります。仮組みしてみると1mmもありません。なので、写真のようにフレーム側を削って少しスキマを確保しました。

2018/05/01

平成の大修理その6 シリンダー組み付け

塗装が終わったので、シリンダーを組み付けます。鋳鉄なので結構重いです。片手で持たなければならないので、手間取るときつそうです。

Dscn4262
シリンダーベースのパッキンがクランクケースにこびりついてましたので、ノミとスクレパーを使って丁寧に取り除きました。

Dscn4260
そのままだと剥がしたパッキンのカスがクランクケースに入り込んでしまうので、内側から養生テープを貼って土手を作っておきました。Webで良く「オイルストーンできれいにしました」なんて記事を見かけますが、そんなことをしてはいけません(^^;。浅い傷が付いてるより、大きく広い面積でへこんでる方が問題です。

Dscn4284
ピストンを固定するためにこんな物を作ってみました。スタッドボルトの上にのせて使います。

Dscn4279
オイルの缶を切ってリングコンプレッサーを作りましたが、肉厚が薄すぎたのと、幅が広すぎてちょっと失敗。使えないことはなかったのですが、イマイチでした。もう少し肉厚にしないとピストンと一緒にシリンダの中に入って行ってしまいます。

Dscn4264
というわけでシリンダーが載りました。ちょっとおしゃれしようと思って、取り付けナットをキャップナットにしたのですが、これの背が高く、普通のメガネレンチが入りません。

Dscn4265
大事な京都工具のインチメガネの外周と厚みを削って入るように加工しました。

Dscn4268
各ナットを均等に締めていき、最後は規定トルクで締め付けます。といってもトルクレンチが入りませんから、人間トルクレンチの出番です(^^;。このメガネレンチで力一杯締める位で良いと思います。大事なのはいかに均等に締めるかと言うことと、エンジンに熱を入れてからの増締めだと思います。今回は紙パッキンなので、一晩おいてから締め直すと、1/4くらい締まりましたので、完成後エンジンかける前にもう一度増締めした方が良いかもしれません。


2018/04/25

平成の大修理その5 バルブ組み込み

もちろんバルブとガイドのガタはなく、スムーズに仕上がっていますので、そのままバルブを組みました。

Dscn4250
こんなのでも立派にハーレーのバルブスプリングを組めました(^^;。ちなみにスプリングは自由長を測定して、問題ないのでそのままです。

Dscn4251
そうそう、バルブの突き出し量は基準内に収まっていました。忘れがちですが、念のためバルブステムエンドを銅ハンマーなどでたたいて、コッターを落ち着かせます。

Dscn4252
元々ヘリテージだったので、黒いエンジンでした。なのでそのまま600℃耐熱のスプレーで黒つや消し塗装しました。あれれ?、結構ツヤが出ちゃったぞ(^^;。まぁいいか。マスキングはかなり面倒でした。

Dscn4254
こちらは先に塗装したシリンダー。こっちは500℃耐熱の半ツヤ消しだったんですが、こっちの方がつや消しになってる(^^;。ほんとうはシリンダーがちょっとツヤありで、ヘッドがつや消しってイメージしてたんですが、反対になっちゃいました。ちなみに上下両面とも最小面研してあります。ベース側は結構ひずんでいたようです。


«平成の大修理その4