無料ブログはココログ

« Parillaの点火時期 | トップページ | 久しぶりの溶接 »

2007/04/12

Parillaの配線図

Elwire1
配線を引き直す時には簡単な配線図を書いておくと楽です。後々改造を加えたり変更をする場合にも余計な時間をとらずにすみます。写真はまだ発展途上の配線図ですが、こんな物でも役に立ちます。
もちろん各線は色分けするわけですが、+系は暖色にするとか、自分なりのルールを作って色分けするとよいと思います。

それとコネクターにギボシを使う場合は、必ずメス側を+にする様にしましょう。オス側を+にすると、外した時にエンジンなどにショートして具合が悪いです。

« Parillaの点火時期 | トップページ | 久しぶりの溶接 »

Moto Parilla」カテゴリの記事

コメント

なるほど+系は暖色ですね。
・・・と言いますかこのまま使わせていただきます。使用料は後日出世払いということで(^^ゞ・・・

このままですか?。別に使用料はいりませんが、この図じゃなんだか訳が分からないでしょう(^^;。自分流に書き直した方が良いと思いますよ。

まず、このまま使うためには電気の知識をもっと蓄えないといけませんでした(^^ゞ。数字はケーブルのスケア数でしたか?

そうです。LEDを使っている所は細いので注意してください。まずそれぞれの部品ごとに必要な線を書いて、それを合体させていくとわかりやすいと思います。

厚かましいお願いで恐縮です。59年式の175ハイカムの配線で行き詰まっておりまして、お知恵を拝借できればと書き込みました。6Vダイナモにバッテリー点火なのですが、レギュレーターの51番と61番、さらにイグニッションコイルの配線をどう繋げれば良いか迷路にはまった状態です。何かヒントでも頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

森永さん、こんにちは。
レギュレーターの51番61番はメインスイッチに繋がります。コイルの配線は+側にメインスイッチからの+線、-側はポイントに繋がります。

ありがとうございます!レギュレーター の51番がバッテリー+だろうとは予測できたのですが、ハーレーだと出てこない61番にずっと悩まされておりました。コイルに繋ぐ+線はバッテリー+と解釈して、明日にでも挑戦してみます。重ねて感謝申し上げます。

この記事へのコメントは終了しました。

« Parillaの点火時期 | トップページ | 久しぶりの溶接 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31