無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2015年10月

2015/10/25

だんだん秋も深まってきました

一昨年母、昨年は父、今年は兄と、実に3年連続の不幸となってしまいました。精神的にかなり追い詰められてしまったので、とてもバイクをさわる元気もなく、このブログもバイクも放置状態でした。

しかし車検は取らねばなりませんから、それを機に少しずつバイクいじりも再開しました。

Dscn3765
今回大きな変更点はフロントフォーク周りです。GCBの43mm用アルミブラケットが手に入ったので、41mmフォークに合わせてスペーサーを作って組み付けました。アッパーブラケットのオフセットの関係で、2インチほどフロントが下がっています。また、アライメントも変わったので、非常に乗りやすくなりました。ノーマルだと高速でよれる感じがあったのですが、それもほとんどなくなり、とっても安定しています。右折は要注意ですが(^^;。

Dscn3795
こんなスペーサーです。内径41mm肉厚2mmのパイプを旋盤で削りました。これはロアー側で、アッパー側は外径43mm、内径25.4mmです。いずれもピッタリの寸法ではないので、現物合わせしながら作りました。

Dscn3783
だいぶ短くなった感じがしますね。ロアーブラケットの位置が結構下に来るので、余計短く感じます。サイドスタンドが長いままなので、ちょっと立ちすぎですね。気をつけないと(^^;。

Dscn3784
フロント周りだけで、全体の雰囲気もだいぶ変わりました。

Dscn3785
その他に前後のリムをアクロン(正確にはフロントはモラッド)に変更。リヤスポークもステンレスにしました。タイヤもミシュランのコマンダーIIに交換して、グリップ重視に変更です。

Dscn3788
バッテリーをリチウムフェライト(ショーライ)に変更してから少し心配なので、電圧計を作りました。オレンジ色のランプはウィンカーのインジケーターです。ウィンカースイッチも押すたびにオルタネイトするように、フリップフロップICで簡単な回路を作りました。消し忘れてもハザードにならないように、反対側を押すと消えるようになってます。

ちなみにショーライバッテリーですが、もう3年以上になりますが全然問題ないです。18アンペアのタイプですが、セルも元気に回ります。軽くて小さくてとっても良いです。

Dscn3793
ウィンカー周りとブレーキホースのガイドなど。ウィンカーのステーはキジマのもの、ホースのガイドは作りました。ロアーブラケットのスペーサーが見えます。

Dscn3794
ブレーキホース下側のガイドクランプも作りました。ちょっと華奢な気もします(^^;。

フォークのブラケットやアクロンリムにスポークなど、一気にお金が掛かってるみたいですが、何年もかけてオークションで安い中古品を集めたものです。貧乏人はやたら時間が掛かります(^^;。つい最近ロッキードのキャリパーを格安で手に入れたので、次はフロントブレーキ周りに取りかかる予定です(^^)。

« 2013年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31