無料ブログはココログ

« 平成の大修理その6 シリンダー組み付け | トップページ | 平成の大修理その8 ヘッド取り付け »

2018/05/04

平成の大修理その7 ロッカーアーム組み込み

ロッカーアームをロッカーボックスに組み込みます。ロッカーアームはブッシュ交換とバルブを押す面の研磨をして貰いました。

Dscn4270
ロッカーアームのサイドプレイは、0.1mm~0.6mmくらいと結構幅が広いです。フロントのエキゾースト側が0.3mmありましたが、他は0.2mmくらいでした。

Dscn4269
普通サイドプレイの調整はロッカーアームシャフトを削って調整しますが、失敗しても大丈夫なように、スペーサーのシャフトの当たる部分を削りました。ちなみにロッカーアームは前後とも排気側はバルブ側に押しつけられ、吸気側はプッシュロッド側に押しつけられて作動しています。

0.3mmはサービスリミットの範囲内ですが、油圧の逃げなどを考えると全部0.15~0.2mmの範囲にそろえたいということで、フロントのエキゾースト側のみ0.1mm削りました。

Dscn4271
ロッカーアームが組み込まれました。ロッカーアームシャフトはシリンダーの垂線に対して、1度ほど傾いているそうで、まっすぐバルブを押せるように、バルブを押す面をそれに合わせて研磨して貰いました。

Dscn4272
ロッカーボックスのパッキンは、メタルにシリコンビードの入ったタイプでしたが、念のため耐熱液体ガスケットを吹き付けておきました。ロッカーアームが軽く動くことを確認しておきます。

Dscn4273
ロッカーアームが邪魔になるので、こんな風に逆さまにして組み付けます。

Dscn4274
ロッカーボックスのナットもおしゃれしてキャップナットにしてみました。ワッシャーはステンレス製を使用しています。

Dscn4281
ところが、これも背が高いので、一カ所フレームとギリギリのところがあります。仮組みしてみると1mmもありません。なので、写真のようにフレーム側を削って少しスキマを確保しました。

« 平成の大修理その6 シリンダー組み付け | トップページ | 平成の大修理その8 ヘッド取り付け »

Harley-Davidson」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。Takと申します
実は私もロッカーアームのサイドプレイ調整で悩んでおりまして、ここに記載のスペーサーの旋盤加工を考えていました。ただ、旋盤加工をしてくれる業者さんが見つからなくて探しているところです。もし可能でしたら、私のスペーサーも加工していただけないでしょうか?
個数は1つで、深さは0.2mm~0.3mmの範囲に入ればと考えています。代金がかかるようでしたらお見積りくだされば、前向きに検討したいと思います。唐突なお願いで申し訳ございませんが、ご検討いただけると幸いです。よろしくお願いします。

返事が遅くなってすみません。スペーサーの加工は出来ますよ。ただ、専門業者ではないので、お金はいりません。その代わり失敗した時はお許しください。
それでもよろしければ加工をお受けします(^^)。

この記事へのコメントは終了しました。

« 平成の大修理その6 シリンダー組み付け | トップページ | 平成の大修理その8 ヘッド取り付け »

最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31